の弥七

もうほんっと〜にご無沙汰してしまって、一部、体調不良なのでは?とご心配までしていただいて恐縮です。このひとつ前のブログではインフル陽性と書いてしまいましたがインフル陰性の間違いで、だからわたくし、インフルエンザには罹患していません。陽性と陰性の違いも最近知ったホンモノのアホです、ごめんね。

お話したいトピックはたくさんあるのですが、まぁまぁ直近のお食事会から。お会いするたびにあぁ、こういう日本の女性がいるんだ。それはすごいことだ!と実感する憧れのさんと先輩。お二人とも肩書も素敵ですが、存在が素晴らしい。そんなお二人と家族ちゃんと4人で荒木町のの弥七

美味しすぎてうっかりこれしか写真撮りませんでしたが、すごくないですか?このカニ!左に映るのはつるんつるんのイカでした。落ち着いた店内でゆっくりとお食事でできるので、大切な方をご接待するときなどよろしいかと思います。あれ?なんかブログ久しぶり過ぎて、おすすめの文章が陳腐な感じですが、つまりはいいお店でした。

この会ではいつも気づきがあるのですが、今回特に印象に残っているのが、さんがおっしゃった香港に行ったのにワクワク度が低かった発言。さんは仲良しの皆さんと香港に数年ぶりにいらしたんですって。そこで食べたかったのは白エビの蒸し物。屋台とかでシュルンとすするタイプの級グルメです。でも、白エビは香港ではもう捕れなくてそれが食べられなかったとのこと。そればかりでなく、以前は感じたわぁ、美味しい!とかわぁ、このシルク素敵!とかなんなの、このカシミア!とか、そういうことがいちいちあの頃の3割程度になっているという話でした。

年を重ねると経験値が増えて、ワクワクのハードルが高くなってしまいます。それは仕方のないことだけれど、知ってしまうことで失ってしまう感覚もたくさんあります。持ち過ぎたことで欠けてしまうこともたくさんあるのだなぁと思います。それでも、彼女たちの好奇心はすごい。やっぱり、人を支えているのは好奇心なのだと実感した夜でした。好奇心は、体調がすぐれているときのみ湧いてくるものだ、と最近私は思っていますその説が正解か否かはわからないけれど。今年始まって、どうにもモッサリしておりましたが、最近、ムクムクと好奇心めいたものが復活してきました。やっと今年が始まった気分で嬉しいです。

広告を非表示にする