私の2018年の目標は

私の2018年の目標を書く前に

2017年の振り返り。

kodakenがこういったブログを書くきっかけとなったことや

去年の振り返りをしたいと思います。

昨年は、ブログの発信を始めた一年でした。

kodakenとして書いているブログを楽しんでくださっている方

コメントくださる方がいてくれるのが本当に嬉しくて、励みになっています。

情報弱者ゆえにお金ばかりが飛んだ一年そしてほんまもんとの出会いまず、はじめに。

私は、本当に情弱だったんだなと

簡単に言うと世間知らずだったなと。

反省しています。

でも学びも多かった一年でした。

2017年3月都内某所にある

コンサルタント会社兼ビジネス塾に所属することになり、

自己投資したのです。

最初は半信半疑でしたが、

ビジネスを学びたかった私にとっては、

いい機会だと思って踏み出したのがスタートです。

ただ、途中で自分の仕事とのこと

やることの課題に耐え切れず挫折。

今思うと、こういうのに入らなくても

全然学ぶ方法はあって、

本当に世間知らずだったなと思っています。

でも悔しいじゃないですか。

このまま大金だけ飛んだ一年でしたなんて

オチもないし、面白くないと思ってあがいたわけです。

2017年6月

情報を集めていたら、和佐大輔さんの広告を見つけてしまいました。

17歳で一億円を稼いだ秘密みたいな

しかも割り箸一本で。

嘘でしょとすごい思いましたし、疑いはいましたが、

私のたかがメルアドの個人情報を渡す代わりに

得られるものがあるんなら聞いてみたいと

メルマガの登録をしたのです。

登録は無料ですからね。

登録するだけなら。

送られてきた一本目の動画の名

割り箸ライティングという一本の動画

ここでの話は、ビジネスで成功したということよりは

12歳で怪我をして身体障害者になった身でどうやれば

お金を稼げるかを考えて、

普通に働くのでは全然自分には価値のない人間なんだと

感じたそうです。

そうして出会ったネットという世界。

彼がしたネットビジネスの試行錯誤。

そして成功のストーリー。

大事にしていることや基本的なこと。

意外と体育会系な考えの持ち主で

信用するようになるんですよね。

ネットでの情報ですが、和佐さんを

知ることで、彼は本当にビジネスで成功されてはるんだと

おもいました。

今、少しビジネスをとSNSやネットに

目を向けてみると副業をするために発信されている情報は

本当にいっぱいあります。

色んなお誘いがありますし、ビジネスのノウハウというものは

あるので、ある程度成果は上がるようになっているのも

事実で、否定する気はありませんが、

そのビジネスとは、ネットビジネスと言っても質が違うことをお伝えしたかった。

彼が発信していることは第一次発信者で有るということが

彼がビジネスで成功している重要なポイントになります。

つまりは、テンプレや教えてもらった情報じゃなくて、

オリジナルな第一次発信者であり、

オピニオンリーダーであるということです。

だからといって学んだり、まねることをしてはいけないわけじゃなくて、

知識を得ても自分の中に落とし込んで、

自分の考えてきたアイディアと合わせて

新たに発信することが重要であるということが大事なのです。

2017年9月10月から本格的に学んできたことを

発信することを大事にして、自分の好きなことや、知ったことを

アメブロで投稿し始めたわけです。

2018年の目標今年は、2017年で失敗したノウハウコレクター化した自分を

脱却してオリジナルなものを発信できるようにしていきたい。

オリジナルの重要性。

自分の価値や、自分の周りの価値を

見なすのにおすすめの漫画

やっぱりARIAがいちばんかな。

この漫画私がずっと読んできた作品でバイブルになった作品です。

今では、アニメで知った方も増え、ARIAは有名になったなと確信します。

この画像のARIAの6巻

前回紹介した記事の話もそうですが、

名言がちりばめられています。

余談ですが、他の巻もどの巻も好きですが、

アリスキャロルが表紙を飾っていて

綺麗な町並みが印象的で好きです。

彼女がナチュラルに笑顔になっているのは少ないのでいいですよね。

今更、この漫画を紹介しているのは

今、学んできたことが詰まっていると思ったからです。

最初、あこがれの先輩にあこがれて、

水先案内人という仕事を学ぶ。

AQUAネオェネツィアで台頭している

企業で働いている半人前の少女達は、

彼女らの個性に特化した水先案内人になるため

日精進していくお話です。

ARIAカンパニー

アリシアフローレンスと水無灯里(主人公)

姫屋

晃Eフェラーリーと藍華Sグランチェスタ

オレンジプラネット

アテナグローリィとアリスキャロル

この各社の特徴や登場する先輩の特徴

指導方法や考え方もあって結構学べます。

最終的には、憧れていた存在は決して自分ではないという

自己投影は、投影でしかなく

自分自身にしかない魅力はやはり自分のなかでしか

ないということをこの作品は教えてくれています。

ほんまにきれいじゃないですか?

原作のイラスト。

本当に芸術作品みたいで好きなんです。

この作品で伝えたかったことは多くあると思いますが、

今回の記事で書いている内容としては、

誰かではなく、自分自身の中にあるそのオリジナルのアイディアが

大事なんだということです。

んで、2018年の目標は

私の本業である介護の仕事にちなんだ

介護のコミュニティーを作ります。

このブログページでは、表現してこなかったことですが、

介護業界で働いていると

案外、世間が狭くなるというか

事業所での人間関係会社で得られる介護の技術

になっていたり、知識が介護のことだけになっているんかなとか。

専門性を高めようとすると周りが見えなくなっちゃってるのかなと

思うことが結構あります。

なので、狭い人間関係の環境のなかで

嫌になってしまったことのある自分にとって

会社以外の交流の場。

交流できるサードプレイスを目指すというブログかサイトを

作ります。

理想としている形になるには時間かかるかもしれませんが、

誰でも交流できて、困ったことを解決できる場が今後

必要になってくるはず。

目指せ!2018年グッドスタートブロガー

広告を非表示にする